彦根城へ行ってきた!| ここで、ひこにゃんと会える!

2015年8月22日にお出かけしました。

(基本情報)
名称:彦根城(ひこねじょう)
住所:彦根市金亀町1−1
TEL:0749-22-2742
営業時間:8時半~17時
料金:大人500円、小中学生250円
駐車場:1日400円
滞在時間の目安:60~120分
アクセス

彦根城公式HP



国宝彦根城は1622年に完成したお城です。

観光客には表門から入るのが人気ですが、個人的には、大手門から入るコースがおすすめ。天秤櫓や太鼓門櫓などいろいろ見ながら、最後に天守閣登場というドラマチック(?)なコースになるためです。

さらに、大手門橋前の駐車場(1回400円)に車を停めれば、「夢京橋キャッスルロード」や「四番町スクエア」への拠点としても利用できて、便利です。

では、早速行きましょう~!

1

3

4

玄宮園との共通券となっている入場料(大人600円)を払い、門をくぐると、緩やかな坂が続きます。

5

こちらは天秤櫓(国・重要文化財)を見上げたところ。美しいフォルムです。

6

8

途中に売店があります。

9

こちらは「鐘の丸」。築城当初、鐘楼がここにあったため、この名になっているそうです。

11

こちらは天秤櫓を正面から見たところ。その名のとおり、天秤の形をしています。   13

天秤櫓の中へ入ることもできます。
「いいね!井伊直弼展」(入場無料)をやっていました。

14-2

15

井伊直弼が質素に暮らしていた「埋木舎(うもれぎのや)」の茶室。

19

子供たちに人気だったのはこちらの3Dシアターでした。3Dメガネをかけて、立体画像を楽しめます。井伊直弼の生涯が非常にうまくまとめられていました。上映時間は約8分。
22

こちらは太鼓門櫓(たいこもんやぐら)(重要文化財)。

24

25

こちらが天守。
どうです?この洗練された美しさ!

26

天守への入場は無料です。

30

31

こちらは「狭間(さま)」。ここから弓矢や鉄砲を撃ったりしていたそうです。  34

途中、急角度の階段をのぼっていきます。

35

39

天守からは市内が一望できます。

36

37

38

天守から表門へ向かう坂はこんな感じ。

42

こちらは表門。チケットさえあれば再入場OKです。

42-2

表門の前にあるのが彦根城博物館。
時間がないので今回は入れず。残念。

43

博物館前では、人だかりが……。

43-2

はい、人だかりの理由はこれですね~。

44

45

ひこにゃんの一つひとつの仕草がゆるく、かわいいです。

46

47

さすが、彦根をしっかりアピールしています。
ひこにゃんの登場場所や時間帯は、公式HPでチェックしてくださいね~。

48

さて、再び天守へ戻り、今度はそこから別ルートをたどってみます。

49

天守の石垣。見事な積み方ですね。

50

51

こちらは重要文化財の西の丸。

53

54

55

ここから黒門を通り、お堀の外へ。

57

彦根城とならび、優雅さが漂っています。

58

お堀の周りには、屋形船も。(大人1300円、子ども600円)

72

 

73

みどころがあちこちにあるお城なので時間に余裕をもって出かけましょう。



近隣のスポット