びわ湖バレイ・びわ湖テラスへ行ってきた! | ロープウェイ割引券で500円OFF!クーポンよりお得?

2015年9月11日にお出かけしました。
2016年9月27日、ブログに情報を追加。

(基本データ)
住所:滋賀県大津市

TEL: 077-592-1155
営業時間:9:30~17:00(土日祝や夏休み期間は9:00~17:00)
(休業している期間もあるため、詳細はHPで確認してください)
料金:無料
(※山頂までのロープウェイ:大人往復2200円、小学生往復900円、幼児往復500円)
割引券・クーポン券情報:下記に詳述(※500円割引の裏技
お弁当持込:もちろんOK(おすすめベンチは打見展望台
駐車場代:乗用車500円(冬季1000円)
滞在時間の目安:150~300分
アクセス

びわ湖バレイ公式HP



割引・クーポン情報

公式サイトや、スーパーなどで配布されている割引券を使えばロープウェイ往復2200円が1900円と300円ディスカウントになります。JAFでも300円割引になります。

なお、一部のウェブサイトではロープウェイ往復料金が1900円となっており、そこから値引きした金額を載せています。現在は往復料金2200円になっているため元値が変わっています。ご注意ください。

ほとんどのサイトで300円しか割引がないのですが、実は、裏技(?)を使えば500円割引※小学生の場合200円引き、幼児の場合100円引きにすることができるのです。

それは平和堂HOP会員になり、会員特典を活用する方法です。
HOPカード(ホップカード)はただのポイントカードなので滋賀県民ならほぼ全員もっていると思います。
誰でも無料で作ることができ、年会費などの費用も一切かかりません。

割引を受ける方法は簡単。HOPカードをロープウェイチケット販売窓口に提示するだけです。しかも、カード1枚提示で5名までその特典が受けられます。県外の方も利用できるサービスなので、これを利用しない手はありません。これ1枚あれば、子連れファミリーなどだと相当な割引になりますし、お弁当のおかず代は十分まかなえますね!

びわ湖バレイに一番近い平和堂

ちなみに、びわ湖バレイに一番近い平和堂は平和堂和邇店(TEL:077-594-3111です(駐車場代は無料)。
びわ湖バレイから車で10分くらい。JR和邇駅の目の前にあります。カードは、サービスセンター(1F)で即時発行されます。

平和堂のサービスセンターには、びわ湖バレイの割引券も置いていますが、そちらは300円しか割引されません。気をつけてください。

32
16-09-27-14-56-30-590_photo

もちろん、住んでおられるところの近くの平和堂で発行してもらったHOPカードでも同じ割引特典がありますのでご安心を。全国のレジャー施設などでも割引が受けられるので県外の人も持っておいて損はありません。詳細は平和堂HOP会員のページを見てください。

「びわ湖バレー」や「琵琶湖バレイ」「琵琶湖バレー」で検索しておられる方も多いですが、正式名称は「びわ湖バレイ」です。なお、なぜか「びわ湖バレイ 雨」で検索しておられる方も時々おられますが、雨だと楽しめないと思います。雨傘を持って行ったとしても、そもそも視界不良のはずですから。

びわ湖バレイへのアクセスは?

さて、びわ湖バレイ行きのバスは、こちらの志賀駅から出ています。

1

バスの時刻はびわ湖バレイの公式サイトで確認してください。
2016年9月現在、片道330円ですが、1時間に1本くらいしかないので注意してください。

なお、志賀駅から国道161号線にかけては、いくつかの小さなカフェやコンビニなどがあります。
こちらは志賀駅前にある、薪窯焼きのパン屋さんるぅた
営業時間は7:30~18:00(定休日:月・火曜)。
とってもおいしいパンなのでおすすめです。(TEL: 077-592-1789)以前出かけた時は、こちらのお店にもロープウェー500円割引券が置いていました。

2

バスは、ロープウェイ乗り場のすぐそばまで行きます。

3

なお、自家用車でびわ湖バレイの駐車場へ向かう場合は、山のふもとにある料金所で駐車場代として500円を支払います

駐車場はあちこちにあるので、満車になることはまずないでしょう。
パーキングの場所によっては、5分から10分程度歩く必要があるかもしれませんが。

なお、ロープウェイ乗り場から遠い場所(駐車場9番より下の駐車場)の場合、シャトルバス『楽だ号』で送迎(駐車場⇔ロープウエイ乗場)があります。

2
3

HOPカードの使い方と割引を得る方法は?

ロープウェイのチケットが買えるのは午前9時半からです。

4-2
5

私はもちろん、窓口でHOPカードを提示します。

6

そうすると、通常2200円が1700円に!

img_3663

ロープウェイで打見山山頂へ!

ロープウェイ乗り場へは、お土産屋さんの中を突っ切っていきます。

5
6
24

20分置きの出発でした。

10

大体、山頂は地上と比べて8度くらい低いです。
雲が多い時には、夏でも長袖にした方がいいくらいです。

11

ロープウェイは、でかいです。そしてこのロープウェイの速さは日本一とのこと。
なお、ゴンドラではないので、山麓駅と山頂駅との発車時間は同時です。
片方が上がっていく時、もう片方は下がっていきます。

8

ちなみに写真は撮れませんでしたが、山腹で鹿を見かけました。

9

はい、あっという間に山頂駅です。

10

ロープウェイを降りた辺りからでも美しい景色が眺められます。
山頂駅の背後には、蓬莱山(ほうらいさん)が見えます。

13

ここをロープウェイでのぼってきたんですよ~。

14

最初の絶景スポット琵琶湖展望台へ!

まずは「琵琶湖展望台」の方へ。

9

こちらは天空のお花畑スカイガーデン。

7

と以前は書いていたのですが、なんとこの展望台は2016年7月から、「びわ湖テラス」として生まれ変わりました。「琵琶湖テラス」ではなくて「びわ湖テラス」です。

絶景のびわ湖テラスへ!

2016年9月27日、びわ湖テラスへ行ってきました!

ロープウェイ山頂駅を降りたところに早速案内表示が出ています。

img_3682
img_3679

山頂駅を降りてすぐ右手の道を100メートルほど下っていったところにびわ湖テラスがあります。

img_3690

こちらは「びわ湖テラスカフェ」。

15

が、ご覧のようにこの日(2016年9月27日)は視界不良。
霧が立ち込めていて、景色が全く見えません。

16

こちらはびわ湖テラスができる前に撮影したもの。
天気が良ければ、こういう景色が眼下に広がっているはずです。

美しい景色でしょ!湖が海みたいに見えますね。

17

こちらもびわ湖テラスができる前の様子。
当時の「湖空の鐘」です。「恋人の聖地」のシンボルです。

166

ここからは、再び2016年9月27日現在のびわ湖テラス。
曇っているのが残念ですが。

びわ湖テラスへは、基本的に、誰でも無料で入ることができます。

18
19-2

そして大きなテラスよりもさらに下っていくと、こんなにかわいいスポットも。
天気が良ければ最高の景色をバックに記念撮影できます。
恋人の聖地としても、カップルのデートコースに入れたいスポットです。

20
21

と、無料で自由に歩き回れる場所がびわ湖テラスには多くあるのですが、極上の席は「びわ湖テラスカフェ」内にあります。それがこちら。

22-2

目の前にはブルーの池が。

22-3
22-4

こちらの特等席で、このボリュームのあるローストビーフサンド(900円)とコーヒー(500円)で2時間以上粘りましたが、この日は結局、霧がはれず残念。

img_3700

天候だけは運に左右されますね。

琵琶湖展望台のすぐ横にあるのがこちら(以下は、昨年来た時のものですが、びわ湖テラス以外は特に変更はないようです。)。

18

ブッフェレストラン・レイクビューです。

19

ハロウィンフェアなるものをしていました。

20

屋内にはキッズルームも!

WAIWAI ROOMなる、小さなこども向けのプレイルームもあります。

22-2
23
24

山頂にある「サマーランド」でソリすべり!

山頂駅のすぐ隣には、「サマーランド」なるところもあり、ソリ遊びができます。
ソリのレンタルは、山頂センター1階で。1時間300円です。

斜面を滑走するのは楽しそう~。

27

上から見ると、意外と角度があります。

山頂駅周では他にも、カーボーイ気分になってのロープ投げや、鋳鉄投げなどの遊びコーナーもありました。これらは無料です。

28

「ジップライン」や「スカイウォーカー」はここで受付!

ロープウェイ山頂駅を降りてすぐ左手にあるのが、山頂センター。

1階では、「ジップラインアドベンチャー」や「スカイウォーカー」など各種アトラクションの受付を行っています。2階は「エキナカ食堂」です。

30
img_3785
img_3788

シーズンによっては観光リフトも、びわ湖バレイのあちこちで動いています。

34

打見展望台から「笹平あそびの広場」へ

打見山(うちみやま)の標高は1103メートル。

35

こちらは打見展望台。1108メートルです。

36

素晴らしい眺望です。
右手奥に見えるのが琵琶湖大橋です。

37

これだけでもすばらしい景色なのですが、びわこバレーにはさらなら絶景もあります。
それは後ほどのお楽しみ。

こちらは展望台から蓬莱山を見たところです。

38

リフト乗り場横には、となりのトトロを奏でられる鉄製の楽器が。

40

順番に叩くと、となりのトトロのメロディーになりました。

41

ここをまっすぐ進んでいくと、笹平方面。

42

広々としたドッグランもあります。

43-2

43-3

山頂駅か笹平へ向かうには、琵琶湖側に沿って歩くコースもあります。
「アサギマダラの森」と呼ばれるところを突っ切る道です。
45

 

スカイウォーカーもこちらにあります。
琵琶湖を眼下に、木の上のアイテムを渡っていきます(チャレンジコース2600円、ファミリーコース1600円)。

47

リフト横の細い道を通っていきます。

49

もちろん、景色はいいですよ。

50

51

途中には、こんなものも。道中、いろんな遊び場があって楽しませてくれます。

52

大人気の「ジップライン」。
このジップラインは、全部で7コースあります。
(全7本のツアーコース3200円、ちびっこジップ1500円)

 

53

見るからにスリリングです。

54

絶景のブランコ。

55

ハンモックがあったので寝そべってみました。

 

56

意味もなく、青空を撮ってみました。 笑

57

シーソーもおしゃれですね。

58

 

こちらはザイルクライミング。

59

 

散策路の随所に楽しみがありますね。

笹平あそびの広場で思いっきり遊び体験

「笹平遊びの広場」へ到着しました。

60

 

笹平あそびの広場の外れにも、ジップラインがあります。
やっぱり、怖そうです。

61

小さい子が喜びそうなのはこちら、ちゃりんこオフロードコース。
ちなみに、以下に紹介する遊びはすべて無料です。

62

63

63-2

こんなものもありました。 64

水鉄砲を手にして、

66

海賊をやっつけます!

65

ソリのようなものに乗って、目的のところにうまく止まれたらいいみたいです。

67

こういう遊び、なかなか見ないですね。

68

竹馬もあります。 70

一輪車でも遊べます。

71

こちらにも、オフロードが。

72

72-2

山の斜面を使った遊びもいろいろありました。

74

このコロコロバッティング、なかなか面白かったです。

73

山の斜面に向かって蹴るサッカーゲームです。
こういうユニークな遊びを考えられた方に敬意を表したいです。

76

これもなかなか面白かったです。

75

こま回しができるところもありました。遊びの宝庫ですね。

77

78

レストランもあるのですが、この日はお休みでした。

79

琵琶湖側にはブランコもあります。
絶景ブランコです。

80

81

笹平あそびの広場を後にし、蓬莱山へと向かいます。

「笹平あそびの広場」から「蓬莱山」へ

道中、ここでも遊びがいっぱい。

83

84

85

86

このハンマーで、ガツンとやります。

87

大型すべり台がありましたが、こちらは今は使われていないのでしょうか。
それとも今日だけ使えないのかな?

88

ひたすら急斜面の山をのぼっていきます。

89

途中で、笹平方面を眺めたところです。

90

おおおおおおおおーーー、絶景です。

91

感動の景色です!!
中央に見える小さな島が沖島です。

92

まさに絶景と思いませんか?

蓬莱山頂からは、トレッキングに最高なコースが

蓬莱山頂(1174メートル)に到着しました。

93

ここにもハンモックが。

94

 

彼岸の鐘です。

95

その隣にはリフトの駅があります。

96

 

97

蓬莱山から打見山方面の景色も美しいですね。

蓬莱山頂からはトレッキングに最高なコースがあります。詳細記事については[こちら]をご覧ください。



近隣のスポット