愛知川(神崎川)上流の川遊びスポット5ヵ所へ行ってきた!(東近江市)永源寺キャンプ場、黄和田キャンプ場、もみじの里松原オートキャンプ場、深山キャンプ場、池田キャンプ場

2016年7月18日に出かけてきました。

愛知川上流のお店とトイレ情報

愛知川上流にあたる奥永源寺には川遊びにぴったりの場所があちこちにあります。
この記事では、それらのスポットをまとめて紹介します。

その前に、奥永源寺にいたるお店情報について。

奥永源寺は山間部にあるため、あまりお店がありません。

八日市ICを降りたあたりから国道421号に沿って307号線と交差する辺りには、ローソンやセブンイレブンといたコンビニ、マックスバリュー、ドラッグユタカなどがありますが、その先にはコンビニや大型スーパーは見当たりません……でした。

実は今年の春に道の駅奥永源寺渓流の里がオープンしたのです。奥永源寺渓流の里についての詳細は[こちら]でどうぞ。

IMG_0874

これにより、奥永源寺へのお出かけがますます便利になりました。

今まで奥永源寺はトイレ事情が悪いと私は言ってきましたが、この道の駅の誕生によりトイレ環境も一変しました。幼児の子連れファミリーなども安心して出かけられますね。

また、奥永源寺へ至る細くて通りにくい道も、現在、拡張工事が急ピッチで進められています。

奥永源寺での川遊びは、基本的にキャンプ場を利用することになります。お金は少しかかりますが、安心安全には替えられません。

なお、キャンプ場の位置については、こちらの案内看板を参照してください。

1 (1)
1 (2)

永源寺キャンプ場

(基本データ)
住所:滋賀県東近江市蓼畑町
TEL:0748-29-0035
駐車場代:無料(※無料駐車場が満車の場合は1台につき500円)
施設利用料(川遊びやバーベキューなど日帰りの場合):大人300円、子ども200円
東近江市のページ

道の駅から徒歩10分ほどのところにあるキャンプ場です。ごつごつした岩はほとんどありません。

IMG_0911

細かい石や砂状になっているところの近くは概して浅く、流れも緩やかです。

IMG_0910

死角らしいものがほとんどなく、子どもの様子などが見渡せるのはいいですね。なお、トイレは汲み取り式でした。

松原オートキャンプ場

(基本データ)
住所:滋賀県東近江市杠葉尾町
TEL:
0748-29-0066
利用料(日帰りの場合):大人200円、子ども100円
駐車場:1回400円
参考料金)オートキャンプ場1泊1,500円~
東近江市のページ

浅瀬もあり、深いところもありで、変化に富んだ川遊びスポットです。

トイレは汲み取り式です。

詳細については別記事でまとめていますので[こちら]をご覧ください。

4-672x372
IMG_0894

黄和田キャンプ場

(基本データ)
住所:東近江市黄和田町573
TEL:0748-29-0828(0748-29-0287)
駐車場:1台につき1,000円(日帰り)
施設利用料:なし
参考料金)オートキャンプ場1泊2,000円~
東近江市のページ

このキャンプ場は施設利用料が駐車場代に含まれていますので、大家族などにおすすめです。

駐車場が広く、広い原っぱもあります。ちなみに、1泊テント持ち込みの場合は車1台につき2,000円だそうです。かなりの格安オートキャンプ場です。

IMG_0882
IMG_0887

ロケーションも素晴らしいです。

IMG_0883

トイレは、洋式の簡易水洗でした。 汲み取り式が多いキャンプ場の中、水洗というのはありがたいですね。

深山キャンプ場

管理人さん不在で、詳しいことは分かりませんでした。

(基本データ)
東近江市のページ

ただ、キャンプ場の前はこんな感じになっているので、川へ降りるには少し離れたところへ行かなくてはなりません。すぐそばに松原オートキャンプ場があるので、そちらの川へ降りることになるのかな。

IMG_0888
IMG_0891

なお、トイレは汲み取り式です。

池田キャンプ場

(基本データ)
住所:東近江市杠葉尾町336
TEL:0748-29-0379
駐車場:500円
利用料:大人300円、子ども200円
東近江市のページ

最も鈴鹿寄り(川上)にあるキャンプ場なので、道の駅からは少し離れています。

IMG_0865
IMG_0868

トイレは洋式の簡易水洗でした。

IMG_0871

滋賀県の川遊び・水遊びスポット

飛び込み、ウォータースライダー、バーベキュー、温泉が楽しめるスポットまとめ

近隣のスポット

近隣の人気記事(東近江エリア)

(人気記事ランキングの)地域を絞り込む

 東近江市 近江八幡市 日野町
竜王町     

»トップページヘ戻る

投稿者: wel

【ウェル】 ブログを書くのが大好きです。 週末に自宅にこもっているのはストレス。 いつも楽しいことを探しています。