箱館山ゆり園(高島市)450円OFF割引券やクーポン|新しい展望台も誕生!

2016年8月6日に出かけてきました。
2018年7月3日更新。

(基本データ)
名称:箱館山コキアパーク(はこだてやまこきあぱあく)

住所:高島市 今津町日置前河内4201
TEL:0740-22-2486
営業時間:9時~17時
休園日:ウェブサイトでチェック
入園料(ゴンドラ往復&入園料):大人1,850円、こども930円
※平和堂で割引券配布(下記の記事を参照してください)

駐車場:無料
所要時間の目安:150~300分

アクセス

箱館山公式HP


ゴンドラ割引券やクーポン券はある?

私が知る限り、最も割引額が大きいのは平和堂で発行されている割引券です。

入園料&ゴンドラ往復が大人1,850円が1,400円に、子ども930円が700円になります(割引券1枚につき5名まで有効)

大津市方面から向かう場合に便利なのは、道の駅 藤樹の里あどがわの向かいにある平和堂あどがわ店[アクセス]です。

1階の食品スーパー前にサービスカウンターがあり、そこに箱館山ゴンドラの割引券が山積みになっていました。

箱館山の紹介パンフの裏側に割引券がついているものもあります。

あどがわ店よりもさらに北には、平和堂今津店[アクセス]もあります。

こちらの平和堂でも1階の食品スーパー前にサービスカウンターがあり、そこに割引券がたくさん置いてありました。

駐車場から山頂へ

こちらは駐車場。かなり広いです。駐車代は無料です。

1 (1)

ここでゴンドラのチケットを買います。

割引券がある場合も、チケット売り場で提示します。

ゴンドラはこんな感じで、リフトのようにひっきりなしに動いています。

1 (4)

きれいな景色が楽しめます。

2

こちらは、ゴンドラを降りたところにあった園内マップ。

5 (1)

かなり広大なので1日楽しめます。

箱館山山頂の気温は?

箱館山の標高は700m弱なので、それほど髙い山ではありません。

平地との気温差は4度くらいと思われるため、平地の気温が30度を超えている場合は山頂でもかなりの暑さです。

また、冬はスキー場にもなっているところのため、日光を遮るところもほとんどありません。

ゆりを見に行く目的であれば7月末までに行きましょう。

夏場に園内を徒歩で回るのは、かなりの暑さになるので厳しいです。


山頂には、一面に広がる花畑が!

一番のみどころは、広い敷地の大半を占めるお花畑です。

こちらは、ゴンドラを降りてすぐのところにある花畑。

8

ペアリフトに乗って、見晴台へ!

リフトに乗って、さらに上へと向かいました。

リフト料金は片道大人310円、子ども150円です。

リフトの下は、ユリの絨毯です。

こちらは、山上(680メートル)の見晴台からの眺めです。

山上からは、ぶらぶらと歩いて下ります。

こちらは山上にあったコキア(夏場)です。

7 (3)

マリモを大きくしたような感じでかわいいです。

子どもの遊び場 Kid’s World(キッズワールド)

こちらはKid’s World(キッズワールド)。

入場料は子ども350円、大人150円で自由に遊べます。

10

このロケーションで水遊びできるのは気持ちいいですね。

11

12 (1)

手前にあるのはふわふわのトランポリン。

13

なんと、雪山もありました。

14 (2)

ざらめ雪です。

こちらはハコちゃんスライダー。
子どもたちに大人気と言いたいところですが、猛暑のためか誰もいず。

17

ストラックアウトスタジアムなるところ。
私もしてみようかと一瞬思いましたが、投げたボールを拾い集めるのがこの暑さでは大変そうなのでやめました。

18 (1)

そり遊びヒルズなるところもありました。
キッズワールドは入場料さえ払えば、あとは何でも無料で遊べます。

18 (2)

楽しそうなのですべってみました。

18 (3)

キッズワールドを後にします。


天空ゆりトレイン

ゴンドラ山上駅のすぐ近くにあるのが「天空ゆりトレイン」乗り場。

20

ゆりトレインは大人500円、子ども300円です。乗車時間は約12分間。

ゆりトレインは、最も琵琶湖に近いエリアを走り、このエリアには、ゆりトレインでしか入ることができません。

乗車料はかかりますが、箱館山を訪れた時には、ぜひ乗りたい乗り物です。

道中の撮影スポットでは、汽車が停止します。

ゆり園はかなり広大なエリアなので、徒歩でどこを回るのか参考にするのもいいかもしれません。

展望エリア「びわ湖のみえる丘」が新しく誕生!

こちらがNewオープンの展望エリア。誰でも無料で入場できます。

新たな観光スポットの誕生です。とにかく景色が美しいです!

正面に浮かぶ島が竹生島。左手に見えるのが海津大崎です。

こちらは有料のプライベートシート。1シート25分で1,000円です。

カップルで来た時には、ぜひ利用したいシートです。

シートからの眺めももちろん、素晴らしいです。

こちらはドームカフェ。シートの申込みもこちらでします。

飲み物は、プライベートシートで飲むこともできます。


お弁当の持込はできる?

エリア全体が芝生で覆われているので、どこで食べても構いませんが、第二ヒュッテ前などにも、無料の休憩スペースがあります。

ここでお弁当を食べている人たちもいました。

21

辺り一面は、大型サイズのユリがいっぱいです。

ユリ以外の花もちらほら見かけました。

23 (3)

23 (4)

コキアもところどころにあります。

ドゥーンバギーコース

ドゥーンバギーコースなるところに来ました。

25 (1)

これは面白そうです。

25 (2)

1ラウンド2周で、高校生までが1000円、19歳以上は1500円です。

25 (6)

ちょっと高いので、うちの子だけが乗り、私は乗るのをやめました。

遊覧ヘリコプターから眺める景色

さて、最後にお届けする画像は、今日の私たちのメインイベントである遊覧ヘリコプター。
飛行時間3.5分で大人4,500円、子ども3,500円。

ちょっと高いのですが、ヘリコプター遊覧体験としてはここは格安だと思います。

今からこのヘリコプターに乗り込みます。

27 (3)

乗った途端、急旋回。
と言っても、不思議と安定感がかなりあります。

27 (4)

集落の上を飛び、琵琶湖を望むこともできます。
感動です~~~!!!

時々大きく旋回し、地平線がゆがみます。

旋回が多いのは、搭乗者へのサービス? 笑

27 (8)

27 (9)

箱館山へと戻ってきました。

山の上をグルグルと旋回します。

27 (11)

無事、元の場所へと帰ってきました。

別の家族が乗られるところを遠くから撮影しました。

子どもは大喜びでしょうね。

28

高校生のうちの子どもに感想をたずねたら、「もし小学生の時に、このヘリコプターに乗っていたらパイロットを目指していた」とのこと。

親子ともに大興奮の体験でした。

パフェ専門店LAMP(ランプ)は幻想的な雰囲気!

最後にぜひ紹介したいのがパフェ専門店ランプ。

ゴンドラ山上駅のすぐそばにあります。

店内には、小川が流れていて、幻想的な雰囲気が漂っています。

パフェの値段は1,200円~1,600円程度ですが、ドリンク類もあります。

私は、こちらのブルーレモンスカッシュ(税込620円)を注文しました。

ランプの光に照らされるドリンクが、なんとも美しいです。

デートスポットとしても最高ですね。



»トップページヘ戻る

投稿者: wel

【ウェル】 ブログを書くのが大好きです。 週末に自宅にこもっているのはストレス。 いつも楽しいことを探しています。