八幡山へ行ってきた!(近江八幡市)ロープウェイも楽しめる

2017年3月30日に出かけてきました。
2017年5月5日に出かけてきました。

(基本情報)
名称:八幡山(はちまんやま)
住所:近江八幡市宮内町257(日牟禮八幡宮の住所)
TEL:0748-32-0303(八幡山ロープウェー)
料金:無料(※ロープウェイ利用の際は有料)

駐車場:無料
滞在時間の目安:120~180分
アクセス

近江鉄道グループのページ

小さい子どもと一緒でもOK。ハイキング感覚で登れる山

これまで、滋賀県で初めての登山にぴったりの場所は三上山と伝えてきましたが、実はもっと短時間で登山気分の味わえる山がありました。

子連れでも安心の山、それが今回紹介する八幡山です。

八幡山登山の起点は日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)

登山の起点は、日牟禮八幡宮を目印にすると分かりやすいです。

日牟禮八幡宮は、八幡山ロープウェー山麓駅の隣にある神社で、境内の駐車料金は無料です。

こちらは桜門です。とても立派な門です。

桜門をくぐって正面にあるのが拝殿。

拝殿の奥にあるのが本殿です。

三上山登山には、拝殿の右横の階段をのぼっていきます。

すみません。スマホの設定が白黒に変わっていました。日差しが強いと、画面がよく見えず、白黒になっているのに気づきませんでした。2コマ後からカラーに戻ります。

階段を上り、右側へと進んでいきます。

すると、車道に出る手前のところに登山口があります。

現在地である「日牟禮八幡宮横 登山口」から「ロープウェイ山上駅」まで徒歩で20~22分。

登山口から山頂まで意外と近いですね。

登山道はあまり整備されていない細道ながら、比較的歩きやすい

本当にここで合ってるの?という感じの登山道ですが、大丈夫です。

この道しかありません。

道は整備されていませんが、比較的歩きやすいです。

ごつごつした石がむき出しになっていないからだと思います。

なので、幼児も年中、年長さんくらいなら大丈夫でしょう。

こういう標識が途中にあると、なぜか安心しますね。

もちろん、八幡山頂上方面へと向かいます。八幡神社というのは日牟禮八幡宮のことなのでしょうかね。。。

途中、分岐点がありました。

何も案内がないので分かりませんが、左側を進むことにしました。

ちなみに後日、この分岐を右へのぼってみましたが、結局出るところは同じでした。右の方が、勾配はきついですが。

どちらにしても尾根に出てきます。

尾根に出た後は比較的に道も平坦で快適に歩けます。

途中、子連れで来ておられる方と話をしたら、地元の方ということでした。

観光客はロープウェーを使う人がひとんどですが、地元の方たちはお弁当持参でハイキングのように楽しんでおられるみたいです。

どんどん先へ進みます。

鳥居が現れました。

「八幡山ロープウェー」の方向へ進んでいきます。

瑞龍寺(ずいりゅうじ)門跡へ。

八幡山山頂へ到着!

こちらが「八幡山ロープウェー山上駅」です。

山上駅を降りてすぐのところに展望館があります。

八幡山山頂は「恋人の聖地」にもなっている場所です。

ちょっとかすんでいますが、なかなかの景色です。

おしゃれなベンチも並んでいます。

絵馬もたくさんかけられています。

こちらは、山頂の売店。

自動販売機の飲み物も、地上と変わらぬ値段(130~160円)です。

八幡に来た際のお土産はここで決まり?

ちなみに売店横に公衆トイレがあるのですが、洋式トイレでした。これは子連れでも安心!

山頂から「瑞龍寺(ずいりゅうじ)」へ

売店の奥には、このような標識が出ています。

時間があまりない方は、眺望の素晴らしい「西の丸跡」を目指すのがオススメです。後から紹介します。

「北の丸跡」との分岐点もありました。

門をくぐっていきます。

こちらが本堂です。

有料(300円)ですが拝観することもできます。

本堂前にもベンチがあり、景色を楽しむことができます。

縁結びのパワースポットです。

お金持ちになれる? 金運向上祈願ならここ!

本堂横には、「金生稲荷(きんしょういなり)」がありました。

これは、ご利益がありそう!

お金にはなかなか縁がない私にも、金運が舞い込むかも!

ここは穴場スポットかもしれませんね。

瑞龍寺から北の丸跡へ

瑞龍寺から引き返し、先ほどの分岐点から今度は「北の丸跡」へ向かいます。

北の丸跡には美しい景色が広がります。

奥に見えるのは琵琶湖ではなく、西の湖(にしのこ)です。

こちらにも、カップルを意識した撮影スポットがありました。

北の丸跡から西の丸跡へ

ここから西の丸跡へ向かいます。

西の丸跡へ到着しました。

大きな広場になっています。

広場の端にはベンチが。

個人的に、八幡山ではここからの眺望が一番のオススメです。

果てしなく広がる田園風景と琵琶湖が美しいです。

そして、この西の丸跡には、最高の撮影スポットが作られています。

お弁当を食べるスポットとしても、この広場がベストでしょうね。

西の丸跡からロープウェー山上駅へ

では、西の丸跡からロープウェー山上駅へと向かいます。

西の丸跡からロープウェー山上駅までの遊歩道は、最も整備されている道で歩きやすいです。ところどころ階段があるので、ベビーカーや車椅子では少し難しいかもしれませんが。

こちらには、お願い地蔵尊が祀られています。

八幡山ロープウェーに乗りました!

帰りはロープウェーを利用しました。

山上駅からの景色もきれいです。

数分で到着!

この日、ロープウェーの発車時刻はこのようになっていました。

なお、ロープウェー運賃は、大人片道490円(往復880円)、こども片道250円(往復440円)となっています。

八幡山山麓と八幡堀

最後に、ロープウェー周辺のみどころを少しだけ紹介します。

日牟禮八幡宮の隣にある人気店と言えば、こちらの「たねや」。

ここを目当てに来る人も多いのではないでしょうか?

同じく人気なのがクラブハリエです。

「たねや」のすぐ前にあります。

そしてこちらが八幡掘。

日牟禮八幡宮の鳥居のところからの光景は美しいです。

堀に沿っての石畳の遊歩道をぶらりと歩いてみるのもオススメです。

この周辺にはおしゃれなカフェなども多く、かなり魅力的なエリアになっています。

近隣のスポット

近隣の人気記事(東近江エリア)

(人気記事ランキングの)地域を絞り込む

 東近江市 近江八幡市 日野町
竜王町     

»トップページヘ戻る

投稿者: wel

【ウェル】 ブログを書くのが大好きです。 週末に自宅にこもっているのはストレス。 いつも楽しいことを探しています。