鶏鳴の滝へ行ってきた!(甲賀市)高さ13mの大滝

2017年10月10日に出かけてきました。

(基本情報)
名称:鶏鳴の滝(けいめいのたき)
住所:甲賀市信楽町神山(こうやま)
TEL:0748-82-1121
料金:無料
駐車場:無料
アクセス


アクセスは? 駐車場は?

鶏鳴の滝は、案内表示も目立たないため、少々分かりにくいです。

そこでおすすめなのは、「神山会館(こうやまかいかん)」を目印にすることです。神山会館の住所は「甲賀市信楽町神山1361−1」でカーナビに入力するといいかもしれません。

「神山会館」は、このような表示案内を曲がって10~20メートルくらいのところにあります。

画面左側に「神山会館」があり、この道をそのまま真っ直ぐ進むと「鶏鳴の滝」の方へ行くことができます。

数百メートル進むと、このようなところに出てきます。

右折すると「山田牧場」、真っ直ぐ進むと「鶏鳴の滝」の方へ行きます。この辺りから道が細くなります。

しばらく進むと案内表示が出ているので右折します。

さらに道が狭くなり、心細くなります。案の定、途中で軽トラと出会いましたが、50~100メートルおきくらいに道幅が広くしてあるので、なんとか進めます。

心細くなっているところで、このようなタヌキの置き物が現れ、ホッとします。

各タヌキのお腹には滝の名称が書かれています。

最初に現れたのは「初音の滝(はつねのたき)」。

道が細くて心配しましたが、奥に進むと駐車場がありました。

5~6台くらいは停められるスペースです。

駐車場の下には、東屋がありました。

思ったよりも整備されていて驚きです。


トイレ事情は? 和式? 洋式?

トイレ事情は良くありません。

工事現場にあるような、簡易の汲み取り式トイレです。

貼り紙には、「トイレの床が割れています。気をつけて!」と書かれていました。うちの子には使えそうもありません。

小さい子連れで来る場合は、途中で必ずトイレを済ませておきましょう。なお、手洗い場は外にあります。

駐車場から鶏鳴の滝まではわずか125メートル!

意外にも、鶏鳴の滝は駐車場からすぐのところに位置しています。

この辺りには、鶏鳴の滝以外にも多くの滝があり、鶏鳴八滝と呼ばれています。

こちらは、垂尾の滝(しだりおのたき)。

こちらは。白神の滝(しらがみのたき)。木に隠れていて見にくいです。

道は、こんな感じで、やや狭いです。

鶏鳴の滝へ到着!

そしてついに、鶏鳴の滝へ到着しました。

高さ13m、幅11mで、圧倒的な存在感の大滝です。

近づくと水しぶきがすごく、一眼レフを持ったままでは近づけませんでした。カメラが水に濡れて壊れてしまいそうです。

さらにもう少し上流へ向かってみました。

こちらは、白蛇の滝(はくじゃのたき)。

岩と岩の間を流れる滝が確かに蛇のように見えます。

足場が悪いので、この日はここから折り返しました。



»トップページヘ戻る

投稿者: wel

【ウェル】 ブログを書くのが大好きです。 週末に自宅にこもっているのはストレス。 いつも楽しいことを探しています。