三井寺へ行ってきた!(大津市)展望スポット、孔雀、ゆるキャラ「べんべん」など

2016年4月2日に出かけてきました。

(基本データ)
名称:三井寺(みいでら)※正式には「長等山園城寺(ながらさんおんじょうじ)」

住所:大津市園城寺町246
TEL: 077-522-2238
拝観時間:8時~17時
年中無休
入山料:大人600円、中高生300円、小学生200円
駐車場:500円
滞在時間の目安:100~150分
アクセス 

三井寺公式HP

三井寺へのアクセスは電車の場合、京阪石山坂本線「三井寺駅」下車となりますが、浜大津駅から歩いても10分程度で「三井寺駅」へ到着します。なお、「三井寺駅」はとても小さな駅で、駅周辺にはお店なども見当たりません。
(※浜大津駅から三井寺駅までの途中、湖周道路沿いにローソンはあります。)

1

三井寺駅から三井寺にかけての琵琶湖疏水。
ここは桜の鑑賞スポットして有名なところです(夜桜については[別記事]にまとめています)。ただし、橋などから眺めることはできてもベンチなど休憩できるところはありません。

2

途中、三井寺の総門の手前に三尾神社もあります。
三尾神社については別記事[三尾神社へ行ってきました!|なぜか境内はウサギでいっぱい(みおじんじゃ)]でまとめていますのでよければご覧ください。

3

こちらが三井寺の総門。ちょっと地味な感じですね。

3

総門をくぐって50mくらいのところに拝観受付があります。
この日は、この拝観受付から入りました。
市内を見渡せる展望スポットへ先に行きたい方はこちらから。

4

通常は「仁王門(大門)」の側から入るのがおすすめです。
仁王門は大駐車場の前になります。

5

この日は、総門横の拝観受付から入ったので、逆コースになってしまいました。

こちらは水観寺。本尊に薬師如来をまつっています。

6

長い階段をのぼっていきます。息切れするほどの長い階段です。

7

階段をのぼってすぐ上に鐘楼があります。

8

こちらは観月舞台。

9

立派な観音堂です。

10

観音堂の前には立派な手水舎もありました。

11

観音堂からさらに階段をのぼっていくと、市内を一望できるスポットへ到着しました。
琵琶湖をバックに、最高の撮影スポットです。

IMG_6887

展望スポットから奥へとつながる散策路から眺める桜も美しいです。
春のライトアップは夜9時半まで続くということなので、夜に来るとまた格別でしょうね。

13

散策路に沿って数多くのお地蔵さんがいらっしゃいます。

14

幹から直接花の咲いている桜もありました。

IMG_6941

こちらは微妙寺。

16

なんと三井寺にはゆるキャラ「べんべん」なるものもいて、子どもたちに大人気。
若い女性にもモテモテでした。

17

村雲橋を渡っていきます。

18

こちらは潅頂堂です。

19

こちらは三重塔。

IMG_6989

一切経堂です。

21

一切経堂の中には、こういうものが。

22

この一切経堂の前では、『るろうに剣心』の撮影が行われたそうです。
その他にも、三井寺はあちこちで映画撮影に使われています。

23

一切経堂の横にはクジャクがいて、しばしその美しさにみとれていました。

24

こちらは伝説の名鐘「弁慶の引摺り鐘」です。

26

三井寺の総本堂。荘厳な金堂です。
本尊の弥勒菩薩(みろくぼさつ)は天智天皇が信仰されていた霊像。

28

こちらは近江八景で有名な三井の晩鐘。
1回300円で鐘をつくこともできます。

29

天智、天武、持統の3天皇が産湯に用いられたという泉が湧く閼伽井屋(あかいや)です。
耳を澄ますと、ブクブク、ブクブク、という音が聞こえてきて神秘的です。

30
31

正面上部には左甚五郎作の龍の彫刻は、夜な夜な琵琶湖に出て暴れるので目玉に五寸釘が打たれたそうです。

32

こちらが仁王門。
皆さんは私のような失敗はせず、ぜひこちらの仁王門の方から回ってください。

33

それにしても、とても広い境内でした。
ざっと見て回るのにも1時間半から2時間くらいはかかります。
滋賀はやっぱり歴史的にもすごいところだと改めて感じさせられました。

近隣のスポット

近隣の人気記事(大津エリア)


»トップページヘ戻る

投稿者: wel

【ウェル】 ブログを書くのが大好きです。 週末に自宅にこもっているのはストレス。 いつも楽しいことを探しています。