水生植物公園みずの森へ行ってきた!(草津市)ハスやスイレンが美しい

2015年7月24日にお出かけしました。

(基本データ)
名称:草津市立水生植物公園みずの森(くさつしりつすいせいしょくぶつこうえんみずのもり)
住所:草津市下物町1091
TEL:077-568-2332
開園時間:9時~17時(冬季は9時~16時)
休園日:
毎週月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日が休園日)
年末年始(12月28日~1月4日)
※夏季期間・ゴールデンウィーク期間は無休
入園料:大人300円、小中学生150円
駐車場代:無料
滞在時間の目安:60~90分
アクセス

草津市立水生植物公園みずの森公式HP

ハスやスイレンを見に行くならここ!

烏丸半島は見どころが多い滋賀の観光スポット。
7月の後半。この時期におすすめなスポットがここ、草津市立水生植物公園みずの森。

施設前の無料駐車場に停めることもできますが、駅からバスを使って行くこともできます。なおハスは昼間花を閉じるので、午前中のなるべく早い時間に行くのがおすすめ。

1

植物園前の広場では、熱気球も飛んでいました。

2

植物園に入ってすぐ確認したいのは、入場して正面にある掲示板。
子どもと一緒でも楽しめるイベント情報も満載です。

3

入り口はこんな感じ。プランターにきれいに花が並べられています。

4

涼しげな噴水が雰囲気を盛り上げてくれます。

5

園内マップはこちら。ここの目玉はやっぱり、ハスやスイレンなんですね。

6

これだけあちこちに花があると虫たちも寄ってきます。

7

 

8

こんな大きな花もあるんですね~。

9

こちら草津のマスコット「たび丸くん」。記念撮影用。

10

この植物公園だと撮影スポットがあちこちにありますね。

絵で描いたような「花影の池」

入り口に入って正面にある建物が「ロータス館」。

ロータス館に向かって左側にあるのが「花影の池」。モネ絵画を彷彿させます。

ここではハス、スイレン、オニバスなどが楽しめます。

12

 

13

オニバスでっかいです。なんとも不思議な水生植物。

14

池の周辺には美しい散策路が。

15

 

16

ところどころ、ベンチやこんな休憩所も設けてあります。

17

こちらは草津を代表する花「アオバナ」。

18

可憐ながら、なんとも目に鮮やかな青です。

19

こども向けの公園もあります。
子供と一緒に、ピクニックするのにも良さそう。

20

 

21

子どもが遊べるところがあるのは、ありがたいですね~。

ハス群生地のすごさにびっくり!!

ロータス館の裏側にあるのが東ゲート

再入場ができるので、ここからハス群生地へ向かいました。

23

三上山(みかみやま)をバックにハスがぎっしりと。圧巻の眺め。

24

 

25

 

26

ハスの群生の規模には、ただただ驚きです!

間近でハスを見たいならココ!

再び植物園へ戻り、今度は「ハスの教材園」へ。
ハス群生地では遠くにしか見られなかったハスも、ここでは近くからじっくり見ることができます。

27

ハスの花って、光を遮るように葉っぱの下にあることも多いんですよね。

28

ここからは「くさつ夢風車」を間近に見ることもできます。背面からですが。

29

一年中花が楽しめるアトリウム(鑑賞温室)もおすすめ!

ロータス館内にある温室へ。ハスの花は朝だけしか咲かないみたいなので、温室見学を最後にしました。

32

 

33

世界各地の水草や、琵琶湖周辺で観察できる水草などもまとめて見ることができます。

34

35

こんな実験コーナーもありました。

36

見事に水をはじいています。何かのイメージ画像にも使えそう~ 笑

37

こちらはアンスリウム。

38

39

中央の池では、熱帯性スイレンなども見ることができます。

40

植物園の中では、ここのオニバスが一番美しかったです。

41

 

42

植物園ってなんか地味だなあって思っていましたが、いざ出かけてみるといろいろ楽しめました。

毎年、ハスの時期にここへ来るのが定例になりそうです。

近隣のスポット

近隣の人気記事(南部エリア)

(人気記事ランキングの)地域を絞り込む

野洲市 守山市 栗東市
草津市

»トップページヘ戻る

投稿者: wel

【ウェル】 ブログを書くのが大好きです。 週末に自宅にこもっているのはストレス。 いつも楽しいことを探しています。