滋賀農業公園ブルーメの丘へ行ってきた!|ドイツの田舎町を模した本格的テーマパーク!動物とのふれあいやゴーカートも。

2015年8月1日にお出かけしました。

(基本データ)
名称:滋賀農業公園ブルーメの丘

住所:滋賀県蒲生郡日野町西大路843
TEL:0748-52-2611
営業時間:9時半~18時(冬季は17時)
休園日:
12月1日(火)~2月29日(月)は水曜日・木曜日が定休日。
又降雪等により臨時休園となる場合あり。

料金:大人1000円、子ども600円(冬季は大人400円、子ども200円)
駐車場代:無料
滞在時間の目安:240~360分
アクセス

滋賀農業公園ブルーメの丘 公式HP



おすすめは行楽シーズン。夏はプールも登場!

滋賀県でファミリーに大人気の定番観光スポットと言えば、こちらブルーメの丘。気候のいい時期になれば人出でごった返します。

また、ETC専用ですが蒲生スマートICもできて、アクセスがさらに良くなりました。

ん?今は夏。 夏の暑い日にブルーメの丘?
今回のお目当てはチラシに書かれていた、こども向けの「じゃぶじゃぶプール」なのです。

入場ゲートから「街」のゾーンへ

さて、こちらは入場ゲート。

1

ゲートをくぐってすぐのところにある案内板で本日の催しをチェック。

2

3

しょんべん小僧が 笑

 

4

ほどなく現れる「街」のゾーン。お店やレストランなどがあちこちに並んでいます。

5

街に入ってすぐのところにある体験工房
ブルーメの丘では、こういった体験が楽しめるところがたくさんあります。

6

7

こちらはパン工房

8

 

チューチュートレインで園内をグルっと回ろう!

街を抜けたところにある「チューチュートレインのりば」。
遊園地へ来た気分になります。

 

9

 

10

 

緑豊かな公園内をチューチュートレインがゆっくり走っていきます。

11

公園の奥の方にあるのりばはこんな感じ。

12

待っている時間も楽しくなりそう~。

街から村へ

「街」エリアから「村」エリアの間には、虹色の花畑が広がっています。

13

お手入れ、ご苦労様です。

14

虹色の花畑の隣には、約3万本のひまわり畑も広がっていました。
出かけた時には、花がまだこぶりでした。見ごろは8月下旬?

15

こちらは「村」エリア。
チューチュートレインから見た外観。
今回はあまりにも暑い日だったのでここへ行っていませんが、ここのソーセージや地ビール、石窯パンはとってもおいしいんですよ。これ目当てにブルーメへ来る人も多いはず。

16

18

羊や馬の放牧場

「村」エリアの隣に広がるのは羊の放牧場

19

20

エサやり体験もできます。

21

こちらは馬の放牧場

22

23

ポニーや馬に乗る体験もできます。

24

動物とふれあえるのも魅力のひとつ!

みにまるランドでは動物と触れ合える様々な体験が。

小動物ふれあい搾乳体験などもできるんですね。

25

26

毛刈りをされたアルパカがいました。

27

あどけない顔をしたアルパカですが、怒ると臭いツバを吐きかけてくるみたいなので要注意です。アルパカへ悪さをするのはやめましょう~。

28

ここで動物たちと触れ合えます。
中に入った時はちょうど休憩時間中だったので空っぽ。

29

芝生広場でのんびりお弁当を

こちらは芝生広場

ブルーメの丘にはレストランやファーストフードなどが多くありますが、手作りのお弁当に限って持ち込みOKとのこと。あちこちにベンチもあります。

30

楽しいアトラクションもいっぱい!

変形自転車、パターゴルフ、ボート、コブナ釣り、コイ釣り、ミニSLなど盛りだくさんです。

31

こちらはスワンボート

32

変形自転車のコース。

33

巨大迷路や金魚釣り、ふあふあもあります。

34

 

35

 

36

 

37

 

40

 

今回は出かけていませんが、園の奥の方にある「芝すべり」や「ゴーカート」などもおすすめ。園が広いのでサーキットコースがかなり長距離で楽しいです。

お待ちかね、水あそびエリアへ

さて、いよいよ、うちの子お目当ての水あそびエリアへ。

なんせ、この日は35度以上。子どもには水遊びが一番。
こちらの池は無料です。

41

しかし、子どもたちは無料エリアだけで満足してくれませんでした。
そして、有料エリアへ。

42

ふわふわで水遊びは初めての体験。

43

こんなボートも無料で貸していただけました。
水が流れた坂をシューっとすべっていきます。

44

45

楽しい一日を過ごさせてもらいました。
今度来る時は秋か春かなあ~。



近隣のスポット