沖島(おきしま)へ行ってきた!|ネコの楽園!? 湖上に浮かぶ島で人が暮らす、日本で唯一の場所。

2015年8月29日にお出かけしました。

沖島漁業組合のHP
沖島漁業協同組合
TEL:(0748)33-9511



沖島は琵琶湖に浮かび、周囲6.8kmの島。住民は350人くらいです。
とにかく生活感があふれて興味深い島ですので、滋賀へ観光に来られる方にも、ぜひ訪れてほしいスポットです。

まずはアクセスですが、大津方面から港へ向かう場合、休暇村前を経由するとカーブが多いので、湖周道路側から入ると便利です。下記マップを参照(駐車場代:無料)してください。

駐車場近くの目印は、山甚水産前にある飛び出し坊やです。
急ぎの場合や少しでも港近くに駐車したい場合は、有料(500円)になりますが山甚水産前に駐車することもできます。

1

 

下の画面では見えませんが、画面のすぐ右横に山甚水産の建物があります。
右へ行くとすぐ右手に堀切港。駐車場は左手の奥にあります。

2

3

駐車場から堀切港までは下記マップを参照してください。

また、最寄り駅である近江八幡駅から堀切港まで、バスを利用される方は[ こちら ]をご覧ください。

 

先ほどの山甚水産前の飛び出し坊やを右へ向かうと、数百メートルで堀切港(ほりきりこう)へ到着します。

4

5

料金の片道500円は船内で払いました。
ちなみに小中学生は片道200円、幼児は無料だそうです。

8

沖島までは船で約10分です。

6

9

どうです、この風情あふれた港。

10

船の本数は限られているので、出港時間をしっかりチェック!

11

沖島港にはおびただしい数の漁船が並んでいます。 12

港のすぐ目の前にあるのが、こちらの「沖島漁業会館」。
昼食や、休憩に利用できます。
郷土料理を食べたい方は、事前に昼食予約をしておくと便利です。詳細は上記HPをご覧ください。

沖島に関する情報収集もここですると便利。地元の子どもたちが作った沖島マップが10円で売られていました。それ以外にも、おすすめの場所などいろいろここで尋ねたらいいと思います。皆さん、とっても親切でしたよ~。

13

こちらは漁業会館で、後ほどお昼に食べたカレーライス。500円でした。とってもフルーティーでおいしいカレーでした。

なお、郷土料理を食べたい方は、事前に予約が必要です。
湖島婦貴の会(ことぶきのかい)

13-4

会館の前にはたくさんの自転車が。
島ではこの三輪自転車が活躍しているそうです。

なお、沖島には(多分)車はありません。
(多分)原付やバイクもありません。
持ち込みができるかどうか知りませんが、小さい島なので、持ち込んでも(多分)住民に迷惑がかかるだけです。

13-3

漁業会館の隣には、「漁村の碑」なるものがありました。

13-2

港沿いの家屋はこのような感じです。

14

港から徒歩数分のところに、「沖島コミュニティセンター」があります。

15

コミュニティセンターの前には小さな児童公園が。子連れの方はここで楽しめますね。

16

島内に郵便局があるのに驚き。

16-2

「おきしま資料館」なるものもありました。

16-3

路地の奥の方には、カフェもありました。

16-4

島内には、あちこちに自動販売機もあります。

16-5

こちらは、島の反対側(近江八幡とは反対の側)の風景。

17

簡易水道浄水場がありました。 19

釣りをしている人もちらほら。

20

ちょうど、郵便配達をしておられるところでした。

22

23

島の反対側は、ここ民宿で行き止まりです。

24

道を引き返し、今度は神社へ。

25

え、こんなところ通るの?というくらい細い路地です。

25-2

26 27

 

29

「此の島は古くより神の島として航行の船舶が安全を祈願した」とあります。

28

神社からながめた町の風景です。

30

「ケンケン山」の看板に従い、山に登ってみることにしました。

31 32

港が一望できます。

33

途中、墓地を通って行きます。

34

35

36

道がどんどん険しくなってきました。

37

個人的に、こういうの好きです。自然と親しむっていいですよね。

38

39

40

お花見広場なるところに到着しました。春になると桜がきれいだそうです。

41 42

そこからさらに険しい道へ。

43

ホオジロ広場なるところに到着しました。手作りの遊具がありました。いいですね。昔はこうやって遊び場を山の中に作ったりしましたね~ 笑

44 45

ホオジロ広場の先に「見晴らし広場」なるところがあり、漁業会館の方からそこはオススメと聞いていたのですが、行く手にくもの巣が多いので断念。ここから学校方面へ向かいます。

46

47

48

建物が見えてきました。

49

こちらが沖島小学校。

50

いいですね~。この外観。

51

小学校にはプールもありました。

52

ああ、そうか。小学校は避難所としても必要なんですよね。

53

こちらは小学校前の原っぱ、なぎさ公園。
ここでのびのび遊んだり、お弁当を食べたりするのもいいですね~。

54

沖島では畑もあちこちにあります。

55

「汀の精(みずのせい)」なるカフェがありました。

57-0

 

57

こちらは、お菓子や飲み物を販売しておられる冨田家。お店なんですが民家のような感じなので、見落としてしまいそうでした。

56-4

左側中央の白い建物が冨田家です。

56-5

路地は風情がありますね。

56-6

「沖島港屋」なるお店もありました。

58

沖島は猫の島(猫島)としても有名。
島のあちこちで見かけた猫の画像を最後に続けてご覧ください。
なお、ほとんどの猫は港周辺にいます。港にはエサとなる小魚があるからですね。

なかなか猫を見ないなぁ~と最初思っていたら、木の上にいました。

59

60

小魚を食べるネコ。この島だと、エサには困りませんね。

61 62 63

野良猫なのに、なぜか人馴れしています。64 65

自然とともに暮らす方たちの生活も垣間見え、とても有意義な旅となりました。
ありがとうございました。



近隣のスポット